21日の東京市場(前引け)=反発、日経平均は前日比159円32銭高

21日前引けの東京市場は反発、日経平均は前日比159円32銭高の1万8589円81銭で引けた。為替が1ドル109円台で落ち着いていることや、20日のNYダウの174ドル高を好感、主力株を中心に広範囲に買われている。
個別ではレナウンがストップ高、さくらインターネット、トーエネック、オハラ、小松ウオール、ルック、アルビスが値上がり率上位に買われ三菱UFJや野村、日立も高い。半面、enish、ゲンキー、北の達人、エンプラス、沢藤電機、東芝、エス・サイエンスは値下がり上位に売られている。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket