ヤマシンフィルタは反発、建機向けフィルター交換部品拡大報道を好感

 ヤマシンフィルタ<6240>が反発。17日付の日本経済新聞が「2018年3月期は、建設機械向けフィルターの交換部品売上高が前期比17%増の57億円になる見通し」と報じたことが好感された。全社売上高の5割超を占める規模に拡大する。中国などのインフラ建設投資が活況で建機の稼働時間が延びており、交換部品の需要が増える。新車向けに比べ利幅が大きく、利益率の向上につながりそうだと伝えており、利益上ぶれを期待した買いが向かった。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket