東レが続伸、伊アヴィオと新型ロケット向け炭素繊維長期供給契約

 東レ<3402>が続伸。19日前場引け後に、イタリアのアヴィオ社(ローマ市)と打ち上げロケットに使う炭素繊維トレカについて、最長2027年まで(オプション含む)供給する長期契約を結んだと発表したことが材料視された。アヴィオはアリアンスペース社が打ち上げ・運用する小型ヴェガロケットや大型アリアン5ロケットの主要部品の製造を担当しており、東レは、現在フランスの現地子会社トーレ・カーボン・ファイバー・ヨーロッパを通じて、アヴィオに高強度炭素繊維を供給している。今後、長期供給契約に基づき、新たにアヴィオ社が開発に参画するアリアン6ロケットやヴェガCロケットなどの次世代ロケットのモーターケース向けにも炭素繊維の供給を拡大する。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket