「karmaの杖」~ゆっくり相場を考察

14日大引けの日経平均は19円高の2万0118、ドル・円は113.30円でした。米株高や円安を支えに底堅く推移する一方、上値も重い状況です。久しぶりにベテラン証券マンと話しましたが、週末に日経平均は陰転した(騙しかもしれない、強くはない)とのことでした。売買代金は、3日連続の2兆円割れです。
週末の外人動向も売り越しでした。13日の米金融株高も国内銀行株への影響は軽微でした。個別物色の動きもタカタ株の上昇が示すように脈略やテーマ性に欠けています。様々な角度から見れば見るほど上値の重さを意識せざるを得ません。警戒継続です。
 ゆっくり相場を考察するには、ありがたい週末になるでしょう。
沙門 雲海

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket