株式市場の10年周期に注目~国際テクニカルアナリスト 武蔵 宗久氏

NYダウの高値警戒つづく

 

NYダウはリーマンショック以降、長期上昇相場が約9年続き、上昇幅は3.4倍になり、テクニカル分析において高値警戒のサインが出始めた。もし長期上昇相場が終了した場合、株価は大きく調整する可能性が高い。
この要因の背景には、過去30年の株式市場において、10年周期で大変動を繰り返しているからである。1987年10月19日に発生したブラックマンデーにおいてNYダウは、前週末の2246ドルから508ドル急落し、下落幅は約23%であった。翌日の東京市場は、9時の立会開始からほとんどの銘柄が売り気配となり、3時の大引けまで値がつかず、ストップ安銘柄が続出した。その日の日経平均は、3836円安であった。1997年7月にはジョージ・ソロス氏が仕掛けたとされるアジア通貨危機が発生した。NYダウは8月の高値から10月まで1098ドル下落し、日経平均は6月の高値から12月まで5904円の急落であった。その年、北海道拓殖銀行が破綻し、山一証券が自主廃業している。2007年には米国においてサブプライムローン問題が発生しNYダウは10月の高値から11月末にかけて1421ドル急落し、日経平均は、7月の高値から11月まで3424円下落した。翌年、米国において、リーマン・ブラザーズが経営破綻し、メリルリンチは、救済買収された。そして今年はその10年周期にあたる。年内あと4カ月、世界の株式市場を注意深く見守る必要がある。

 

 

 

Pocket