1日の東京市場(大引け)=3日続伸、日経平均は前日比45円23銭高

1日大引けの東京市場は3日続伸、日経平均は前日比45円23銭高の1万9691円47銭で引けた。NYダウが3日続伸したこと受けて前日までの地合いを引き継ぎ買い優勢の展開でスタート、その後は前日終値水準での小動きとなり、大引けにかけて再度上値追いとなった。
個別ではエコナックHD、ダイキアクシス、アクリーティブ、イマジカロボ、ヤーマン、大和冷機、日東紡、ヤマトインター、パーク24、ランドが値上り上位に買われ、任天堂やソフトバンクも高い。半面、クラウディア、グローバル社、KLab、アグロカネショウ、enish、ブイキューブは値下がり上位に売られた。
今晩に米雇用統計やISM製造業景況指数など重要経済指標の発表を控えていることから後場から様子見となりマイナス圏に沈む場面もあったが、押し目買いに戻す動きとなった。米国では債務上限問題があるものの、ハリケーン被害の復興から早期法案成立の指摘もあり、米国での政治不安が解消されれば、一段と戻りを試す展開が期待される。

 

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket