「karmaの杖」~個別材料株の短期物色続く

1日の平均は45円高の1万9691円、ドル・円は110.19円でした。
米市場では「5月に売れ(セルインメイ)」と言われますが、続く言葉として「9月第2土曜日まで株式市場に帰るな」と続くそうです。直近の外人動向は6週連続売り越しになっています。
そこで過去5年間の9月の外人動向を振り返ってみました。2016、2015年の9月は継続して売り越し。2014、2013年の9月は買い越し、日ECB理事会があった2012年は売り買い交錯でした。印象としては、やはり注意は怠れない月になりそうです。
今夜は米雇用統計の発表があり、週明けは米市場が休場、9日は北朝鮮の建国記念日、19~20日はFOMC、20~21日は日銀政策決定会合、24日にはドイツ選挙を控えています。個別材料株の短期物色が続くと思われます。
注目銘柄
みずほ(8411)戻り待ち
パナソニック(6752)1450円割れ買い場で上値は追わず様子見
シャープ(6753)350円から下が買い下がり継続
ジェクシード(3719)出来高に変化、底値圏で買い増し
新日本理化(4406)押したり引いたりをマメに実行、出来高減少傾向で注意必要ながら損切りはまだ時期尚早
メタウォーター(9551)3100円目途に小幅の利益確定売り場探し。
コーナン(7516)は低PER、低PBR、材料内包で買い増しのサイン。
グローリー(6457)セルフレジ関連で注目、買いサインが追撃。
アートスパ(3663)あくまで下値買いスタンス
アトミクス(4625)割り切り飛び乗り、出来高が少ないのでお遊び程度
JIGSAW(3914)業績改善の思惑で根気よく下値で買い。
ダイニング(3551)、イノテック(9880)見切り処分の心配はなさそう
沙門 雲海

無料投資相談はこちら
redstar110123@red.zaq.jp

Pocket