ピジョンは大幅続落、18年1月期上方修正も織り込み済み

ピジョン<7956>は大幅続落。4日取引終了後、18年1月期の連結業績と配当予想を上方修正したが、好業績は事前に観測されていたようで、株価に織り込み済みとして利益確定売りがかさむ格好になった。
売上高を998億円から1012億円(前期比6.9%増)、営業利益を170億円から187億円(同16.8%増)へ。Eコマースチャネルを中心に中国事業が拡大、国内もインバウンド需要が堅調で、売り上げ、利益が計画を上振れる。業績好調に伴い、年間配当を56円から62円(前期53円)に引き上げた。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket