防衛関連に人気集中、北建国記念日の9日向け地政学リスク高まる

石川製作所<6208>や豊和工業<6203>、重松製作所<7980>、細谷火工<4274>、興研<7963>など防衛関連がこの日も買い進まれた。北朝鮮が9日前後に大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の「火星14」の発射を行う可能が高まっていることを受けて、地政学リスクの高まりから引き続き目先的な資金が流入している。全般手詰まり感が高まるなかで、値動きの軽さが買いが買いを呼ぶ動きになっている。

 

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

 

Pocket