東京電力HDは4日ぶり反発、柏崎刈羽原発審査合格と伝わる

東京電力ホールディングス<9501>が4日ぶり反発。柏崎刈羽原発6、7号機(柏崎市、刈羽村)が、原子力規制委員会の審査で13日にも合格する見通しとなったことを各紙が伝えたことが買い手掛かりになった。東日本で多数を占める沸騰水型軽水炉(BWR)は福島第1原発事故後まだ1基も動いておらず、実現すれば東京電力の経営再建が一歩前進することになるが、地元・新潟県の反発など乗り越えるべき課題は多く、再稼働の時期は見通せないともしている。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket