7日の東京市場(前引け)=4日ぶり反発、日経平均は前日比72円22銭高

7日前引けの東京市場は4日ぶり反発、日経平均は前日比72円22銭高の1万9430円19銭で引けた。NY株の反発と円が1ドル109円台まで弱含んだことを受けて外需主力銘柄を中心に買い戻しの動き。
個別では三井ハイテクがストップ高、安永、オリジン電、オハラ、日精樹脂、ネクステージ、ぴあ、タムラ製作、丹青社が値上り上位に買われ、トヨタやコマツも高い。半面、石川製作、エス・サイエンス、大阪ソーダ、RSTECH、WSCOPE、トーセは値下がり上位に売られた。

 

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket