8日の東京市場(大引け)=反落、日経平均は前日比121円70銭安

8日大引けの東京市場は反落、日経平均は前日比121円70銭安の1万9274円82銭で引けた。場中、1ドル107円台後半まで進んだ円高が重しになり、9日に北朝鮮建国記念日を控え、リスク回避の売りに押され、後場に入って下げ幅を広げた。
個別ではくらコーポ、オリジン、ネクステージ、ボルテージ、ラクトJPN、トナミHD、理計器、九州FGは値下がり上位に売られ、ファーストリテや野村HD、ダイキンも安い。半面、N・フィールド、阿波製紙、シュッピン、巴コーポ、木村化、シード、OATアグリオ、東洋炭素が値上り上位に買われ、任天堂や日立、コマツも高い。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket