損保各社が買い進まれる、ハリケーン「イルマ」懸念後退が刺激

東京海上ホールディングス<8766>、MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725>、SOMPOホールディングス<8630>の損保各社が買い進まれた。米国フロリダ州に上陸したハリケーン「イルマ」の被害が事前予想よりも小さかったことを受けてNY市場では損保株が上昇、東京市場でもこれを好感する動きとなっている。

 

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket