クボタは続伸、自動販売機事業からの撤退をポジティブ視

クボタ<6326>は続伸。12日、自動販売機事業から撤退すると発表したことがポジティブ視された。製品価格が下落する一方、材料費は値上がりするなど事業環境は厳しく、業績改善を図ることは困難と判断、11月15日付で富士電機<6504>に事業を売却する予定で、不採算事業からの撤退による収益改善を期待した買いが入った。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket