ツガミは4カ月ぶり高値、中国子会社月内にも香港に上場と報じられる

ツガミ<6101>が4連騰、約4カ月ぶりに年初来高値を更新した。13日付の日本経済新聞が「工作機械大手、ツガミの中国子会社が月内にも香港市場に株式を上場する見通しとなった」と報じたことが好感された。のほど香港証券取引所が上場を承認。ツガミ側も内外の投資家から需要を募り始めた。中国事業はツガミの連結売上高の4割を占めており、子会社の上場をきっかけにアジアの事業基盤や企業統治をさらに強化する狙いと伝えており、本格的なアジア市場開拓にグループ事業拡大を期待した買いが向かった。

Pocket