九州電力が大幅反落、電力システム改革経費負担で18年3月期37%最終減益見込む

九州電力<9508>が大幅反落。121日取引終了後、未開示だった18年3月期の利益予想を発表、連結業績について最終利益500億円(前期比36.9%減)と大幅減益を見込んだことが嫌気された。玄海原子力発電所3、4号機の再稼働に伴う電力システム改革経費が収益を圧迫する。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket