神島化学工業が大幅安、建材不振による第1四半期減収減益を嫌気

神島化学工業<4026>が大幅安。12日の取引終了後、18年4月期の第1四半期(5~7月)単体決算を発表、売上高は52億8400万円(前年同期比0.2%減)、営業利益は2億7300万円(同9.4%減)、純利益は1億7700万円(同11.7%減)と減収減益を見込んでいることが嫌気された。建材事業がやや不振で、減価償却費の固定費負担の増加なども利益を圧迫している。
通期は売上高233億円(前期比3.0%増)、営業利益15億8000万円(同10.2%増)、純利益11億円(同4.7%増)と従来予想を変えていない。

 

 

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket