シーアールイーが急落で安値、18年7月期67.2%営業減益予想を嫌気

シーアールイー<3458>が急落、年初来安値を更新した。13日の取引終了後、18年7月期の連結業績予想を発表、売上高は315億円(前期比22.2%減)、営業利益は17億円(同67.2%減)、純利益は10億円(同72.1%減)と大幅な減収減益を見込んでいることが嫌気された。開発物件について順次売却を見込むとともに、CREロジスティクスファンド投資法人の次期上場を目指すものの、前期の2ケタ増収増益の反動減があるようだ。
同時に自己株式取得枠の設定を発表、上限60万株または10億円(発行済株式総数に対する比率4.72%)で、取得期間は17年9月14日から18年7月31日まで。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket