山王が急反落、17年7月期利益下振れ着地を嫌気

山王<3441>が急反落。13日引け後に発表した17年7月期の連結決算は、売上高73億1700万円(前の期比14.2%増)、経常利益が2300万円(前の期は4億7600万円の赤字)と売り上げは計画を上回ったものの、利益が大幅に下振れ手着地したことが嫌気された。従来予想は売上高71億円、経常利益1億4500万円だった。受注は想定を上回ったが、人件費負担が収益を圧迫した。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket