「karmaの杖」~大日本住友を中期スタンス

14日の日経平均終値は58円安の1万9807円、ドル・円は110.50円でした。為替が13日15時時点(110.10円)より円安が進んだにもかかわらずマイナスで終っていることは注意すべきです。北朝鮮の地政学的リスクは継続しています。為替は107.32円、日経平均1万9254円近辺が有事の際の目安として記憶しておきましょう。
日経平均は13日までの3日間で600円上昇しており、スピード調整の動きです。直近買われていた電池関連に利益確定売り、調整していた有機EL関連に見直し買いが入っています。
材料株では新日本理化(4406)も一服、出遅れ感から買われた銀行・不動産株は早々に調整していることから、強弱両面の兆候と判断して様子見とします。底値近辺の大日本住友(4506)は中期でも狙えそうです。
沙門 雲海

無料投資相談はこちら
redstar110123@red.zaq.jp

Pocket