アステラス薬は反発、エンザルタミドの前立腺がん治験で好結果

アステラス製薬<4503>が反発。14日の取引終了後、米ファイザー(ニューヨーク州)と共同で開発・商業化を進めている経口アンドロゲン受容体阻害薬エンザルタミドについて、非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第Ⅲ相PROSPER試験で、主要評価項目の無転移生存期間の延長が達成されたと発表した。試験の結果を受け、各国の規制当局と適応拡大に向けて協議していく方針で、今後の業績貢献を期待した買いが先行した。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket