オハラが急伸で高値、17年10月期予想の上方修正を好感

オハラ<5218>が急伸、年初来高値を更新した。14日の取引終了後、17年10月期の連結業績予想を売上高で230億円から242億円(前期比13.5%増)へ、営業利益で9億円から14億5000万円(同10.1倍)へ、最終損益で8億8000万円の黒字から13億5000万円の黒字(前期3億7200万円の赤字)へ上方修正したことが好感された。光事業において、プロジェクター等の光学機器向け需要が増加したことやエレクトロニクス事業において、極低膨張ガラスセラミックス、高均質光学ガラス、光通信機器用ガラス素材等の需要が好調に推移している。

 

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket