シンメンテHDが大幅高、1対3株の株式分割が買い手掛かり

シンメンテホールディングス<6086>が大幅高。14日取引終了後、10月31日を基準日として1株を3株へ株式分割を実施すると発表したことが買い手掛かりになった。投資単位当たりの金額を引き下げ、投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図るのが狙い。併せて、株式分割に伴い、期末一括配当35円をを12円に修正、分割を考慮すると実質1円の増額となる。

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

Pocket