栄研化が急落、第2四半期売上高の下方修正を嫌気

栄研化学<4549>が急落。14日の取引終了後、18年3月期の第2四半期累計(4~9月)連結業績予想を売上高で180億円から176億3000万円(前年同期比4.9%増)へ、営業利益で14億円から22億8000万円(同1.9%減)へ、純利益を10億円から16億8000万円(同2.0%減)へ修正した。株価は14日に4210円の年初来高値を更新したこともあり、売上高の下方修正で利益確定売りに押されているようだ。便潜血検査用試薬とLAMP試薬が伸び悩んでいる。

 

 

証券市場新聞 http://marketpress.jp/

 

Pocket