日本ハウスHDが高値、第3四半期は7億7000万円の営業黒字

日本ハウスホールディングス<1873>が反発、年初来高値を更新した。4日の取引終了後、17年10月期第3四半期累計(16年11月~17年7月)の連結決算を発表、売上高は298億5300万円(前年同期比10.7%増)、営業利益は11億6000万円(同4.2倍)、最終損益は7億7000万円の黒字(前年同期5900万円の赤字)と大幅な営業増益を達成した。「やまとシリーズ」・「J・シリーズ」などの主力商品を中心とした販売推進が寄与している。
通期は売上高480億円(前期比4.4%増)、営業利益48億円(同24.4%増)、純利益33億円(同17.2%増)と従来見通しを据え置いた。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

 

Pocket