カプコン【活躍期待銘柄】

目次

1Q減益は一過性

カプコン(9697)は売られた場面は見直してみたい。7月26日に発表した23年3月期の第1四半期(4~6月)は連結売上高で252億3200万円(前年同期比47.9%減)、営業利益で120億6100万円(同48.9%減)となり、決算悪を嫌気して翌日は悲観売りを浴びる展開になった。前年同期に超大型タイトル「バイオハザードヴィレッジ」が計上されたためで、第2四半期以降は新作タイトルが控える。未発表で100万本以上が見込めるタイトルも予定されており、通期の売上高1200億円(前期比9.0%増9)、営業利益480億円(同11.9%増)の期初予想は十分に達成できよう。業績拡大基調に変化なく、先行き見直されることになろう。

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる