活躍期待銘柄|注目銘柄 証券市場新聞

半導体、有機EL向けで高成長

 新報国製鉄(5542)は11月27日に昨年来高値2988円を付けてから日柄調整が一巡、高値保ち合いを上放れてきた。
 集計中の17年12月期は期中上方修正で、単独売上高55億円(前の期比2・1%減)、営業利益8億3000万円(同54・6%増)と減収ながら大幅増益で引き続きピーク益を更新した模様。

低熱膨張合金の増勢つづく

シームレスパイプ用工具は低調だが、主力の低熱膨張合金が半導体製造装置や液晶・有機ELフラットパネルディスプレイの製造装置関連向けに期を追って伸びており、18年12月期も一段の収益拡大が有望視されている。PERは前期推定で7倍台と強い割安感が働き、利益急拡大に伴い増配への期待も強い。
 日足が陽転し大勢上昇トレンドを再確認、92年付けた最高値3150円奪回から一段高を目指しそうだ。(さ)




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket