活躍期待銘柄|注目銘柄 証券市場新聞

18年3月期は大幅増益見込む

日本触媒(4114)の株価は1月10日に8120円まで上昇後に調整しているが、25日線近辺となる7800円台は見直す局面だ。
 基礎化学品はアクリル酸とアクリル酸エステルの原料価格や市況上昇に対応した販売価格修正効果が表面化、機能性化学品も高吸水性樹脂の販売数量増が寄与しており、18年3月期は第2四半期累計(4~9月)の営業利益で140億3300万円(前年同期比46.4%増)と大幅な増益を達成、第3四半期発表は2月5日の予定だが、計画通リに推移すれば通期予想の260億円(前期比22.9%増)は上ブレ期待が高まる。

ソフタノールの需要増に期待

タイでは界面活性剤「ソフタノール」の製造販売合弁事業の検討を進めており、一般家庭用の液体洗剤や、工業用の各種洗浄剤等、幅広い用途での需要増が期待される。(と)




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket