取材メモ|企業取材 証券市場新聞

19年2月期16.9%営業増益予想

エスクロー・エージェント・ジャパン(6093)は4月17日の年初来安値376円を底に水準を切り上げており、500円台乗せを期待したい。
 金融機関からのBPO(業務受託)と不動産関連業務のエスクロー(第三者寄託)が両輪に事業を展開。エスクローサービス事業は非対面決済サービス「アワーズ」の本格稼動や本人確認作業に係る支援ツールを開発するなど新サービスの提供を推進、BPO事業も新規取引先の開拓が進んでおり、19年2月期は連結売上高で37億3300万円(前期比26.3%増)、営業利益で8億2800万円(同16.9%増)と大幅な増収増益を見込んでいる。

「アワーズ」の展開加速

「アワーズ」を取引業務効率化サービスのブランドとして統一し、金融機関や不動産事業者への提供を拡大していく。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket