取材メモ|企業取材 証券市場新聞

19年3月期は業績急回復

トリドール(3397)の株価は5月15日に3835円まで上昇した後に値を崩していたが、3200円台で下げ止まる動きとなってきた。業績えの不安は払拭しつつあり、好実態見直しからリバウンドの動きを期待したい。

利益率改善策が表面化

 18年3月期は2期連続の営業減益かつ計画未達となったが、主力の「丸亀製麺」で3月に価格改定を実施したことに加えて、廃棄ロスや広告宣伝費率の低減策も実施しており、今後は利益率の改善が進展、これにより、19年3月期は連結売上収益で1532億1300万円(前期比31.5%増)、営業利益で98億6500万円(同29.2%増)大幅な増収増益を見込んでいる。都心部への出店を強化し、既存業態の更なる強化を図ると共に、新業態の育成、展開にも注力していく方針。(と)

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket