取材メモ|企業取材 証券市場新聞

今期大幅増収増益へ向け順調

三精テクノロジーズ(6357)の株価は8月13日の1430円を底に戻す動きで25日移動平均線を回復してきた。7月の揉み合いゾーンである1600円を抜けてくれば6月12日の年初来高値1864円奪回が期待できよう。
 舞台設備と遊戯機械の大手で、テーマパークなどで同社の技術が活躍している。

Vekoma社買収効果も期待

大型の公共ホールや大規模コンサートに絡む受注が貢献し、今19年3月期は第1四半期累計(4~6月)で連結売上高は115憶2600万円(前年同期比85.9%増)、営業利益で7憶2800万円(同62.5%増)と大幅な増収増益を達成、通期予想である売上高520億円(前期比90.6%増)、営業利益43憶5000万円(同96.7%増)達成へ向け順調に推移。Vekoma社買収効果も期待。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket