取材メモ|企業取材 証券市場新聞

1Q66%営業増益で上振れへ

理想科学工業(6413)は株式分割を考慮した実質最高値を更新、青天井相場を一段高に向ってきた。
 高速カラープリンター「オルフィス」を中心としたインクジェットが国内外で伸び、19年3月期第1四半期は連結営業利益13億9500万円(前年同期比66・0%増)と利益が急拡大。第2四半期の営業利益を16億円から18億円(同29・8%増)、通期は38億円40億円(前期比3.3%増)に引き上げた。ただ、2Q修正計画に対する1Qの進捗率は77・5%に達し、あくまで最低ライン。

高速カラープリンター伸びる

下期偏重型の事業特性を考慮すれば、おのずと通期計画は大幅な上振れ期待が高まる。
 予想を上回るピッチで収益回復に加え、31日現在の信用倍率は0・07倍と大幅な売り超過で、買戻しも株価を押し上げていく。 (さ)

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket