取材メモ|企業取材 証券市場新聞

構造改革の効果が表面化

アライドアーキテクツ(6081)の株価は1月31日の安値340円を底に上昇、500円を抜ければ昨年9月5日の高値672円を目指す展開に期待したい。
 SNSに特化した企業のマーケティング企画・運用・分析などの支援業務を展開、利益率の低い海外SNS広告の取りやめなどが影響し、前18年12月期は赤字決算を余儀なくされたが、構造改革の効果が表面化する今期は連結売上高42億1000万円(前期比3.0%増)、営業損益2億5100万円の黒字(前期1200万円の赤字)と黒字転換の見通し。近年急速に市場が拡大している中国向けの越境ECやインバウンド市場へはインフルエンサーの発信力を活用したプロモーションの支援を推進、連結子会社化したCreadit社の収益改善効果も期待される。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket