取材メモ|企業取材 証券市場新聞

5G関連でビジネスチャンス

理経(8226)は昨年12月安値116円を底に一貫して下値を切り上げ昨年来高値を更新、出来高は漸増方向で過熱感もなく、ここから上げ足を速めそうな気配だ。
 緊急地震速報の「Jアラート」を総務省に提案したことで知られるIT・エレクトロニクス技術商社で、ネットワークソリューションは4K・8Kなど大容量化する映像配信に対応、ドローンや人工知能(AI)、IoT分野にも優位性を持つ。M&A効果と映像配信システムの拡大で当面の業績は急回復、19年3月期は連結売上高95億円(前期比19.5%増)、営業損益の1億円黒字(前期1億7400万円の赤字)と2割近い大幅増収で黒字浮上を見込む。国内で5Gインフラ整備が進むなか、ビジネスチャンスが広がっており、来期は本格的な収益拡大が期待される。  

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket