取材メモ|企業取材 証券市場新聞

経営統合効果が表面化

CARTA HOLDINGS(3688)の株価は今年に入って幾度となく1000円割れまで売り叩かれていたが、2月5日高値1148円や3月29日高値1167円を抜けたことで本格的な上昇相場入りが期待される。
 電通からの資本参加によりサイバー・コミュニケーションズと経営統合、VOYAGE GROUPから現社名へ商号変更し、メディア事業とアドテクノロジー事業を展開している。アドプラットフォーム事業では、広告主向けサービス「Zucks」が機能拡充効果で好調に推移、9月期から12月期への決算期変更で単純比較はできないが、19年12月期は連結営業利益で25億円と18年9月期の14億2000万円からは大幅な増益を見込んでおり、経営統合効果は今後本格的に収益に寄与しよう。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket