取材メモ|企業取材 証券市場新聞

1Q営業利益4.7倍で高進捗

santec(6777)は1300円割れで下値を固め、3月に付けた年初来高値2328円奪回に向かってきた。
 20年3月期第1四半期の連結決算は、売上高14億3900万円(前年同期比39.9%増)、営業利益2億3800万円(同4.7倍)と大幅増収で利益が急拡大した。光部品は光モニタ、光アッテネータが引き続き好調、光測定器は医療向けOCTシステムやOCT光源が欧州で大きく伸び、収益をけん引している。外部環境が不透明で第2四半期累計、通期は期初予想を据え置いたが、2Q計画の営業利益2億8500万円(同12.6%増)に対する1Qの進捗率は83.5%に達し、大幅な上振れが期待できる状況だ。
 コアの光薄膜技術を応用した可変光減衰器や光コヒーレンストモグラフィなど新規事業への期待も強い。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket