企業|企業速報 証券市場新聞

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、三井住友フィナンシャルグループ(8316)のメガバンクが続落するなど銀行株が総じて安い。8月のISM非製造業景況指数、労働市場情勢指数の米国の経済指標が悪化、9月利上げが困難との見方が優勢になったことで、買いが手控えられた。
米国利上げ観測を背景とした金融株高の流れが一巡するかたちとなっており、6日のADR(米国預託証券)が円高に伴い円換算値でほぼ全面安となり、三菱UFJ、三井住友フィナンシャルほか金融株も大幅安になったことも買い気を削いだ。

証券市場新聞

Pocket