バーチャレクスがストップ高、アウトソーシング好調で21年3月期予想を上方修正

バーチャレクス・ホールディングス<6193>がストップ高カイ気配。同社は27日の取引終了後、21年3月期の業績予想の修正を発表、連結売上高で53億円から55億円(前期比7.5%減)へ、営業損益で3000万円の黒字から1億1000万円の黒字(前期1億9200万円の赤字)へ上方修正した。ストックビジネスであるアウトソーシング事業がコロナ禍で影響を受けている案件があるものの予想よりも順調に推移したこと、IT&コンサルティング事業ではバーチャレクス・コンサルティングで予定を上回る案件の獲得があった。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる