企業|企業速報 証券市場新聞

ダブル・スコープ(6619)が5日続伸、全般急落地合いのなか逆行高となっている。9日取引終了後、韓国にコーティングセパレーターの工場用地を取得、第1段階として2ラインの生産設備を増設すると発表したことが好感された。
コーティングセパレーターはリチウムイオン電池部材の高付加価値製品で、電気自動車(EV)などの車載向けに需要が拡大。すでにコーティング設備2ラインが稼動するなど戦略的に増産体制を整備しており、今回の増設で生産能力は15年末の倍以上になる。投資総額は約31億円で、コミットメント型タームローン140億円の一部を充当する。

証券市場新聞

Pocket