アップルが急落、20年12月期大幅上方修正も出尽くし感

自動車|製造業 証券市場新聞

 アップルインターナショナル<2788>が急落。17日引け後、20年12月期の連結業績予想を大幅に上方修正したが、海外向け中古車輸出販売の急回復と経費節減による主益上振れは事前に観測されていたようで、当面の出尽くし感から利益確定売りがかさんだ。売上高を174億1100万円から195億6400万円(前期比10.9%増)、営業利益を2億2600万円から3億5700万円(同2.2倍)に引き上げている。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

自動車|製造業 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる