企業|企業速報 証券市場新聞

神島化学工業(4026)が続伸、一時前日比85円高の960円まで買われた。12日大引け後に発表した今17年4月期の第1四半期(5~7月)単体決算で売上高は52億9500万円(前年同期比1.6%減)と減収ながら、営業利益は3億200万円(同3.3倍)と大幅な増益となったことが材料視された。輸入燃料価格の下落や有形固定資産の償却方法変更による減価償却費の減少が利益増に寄与。通期業績は売上高223億5000万円(前期比2.4%増)、営業利益12億8000万円(同61.7%増)の予想を変えていない。

証券市場新聞

Pocket