企業|企業速報 証券市場新聞

日本電気硝子(5214)が急反発。14日、薄型パネルディスプレー(FPD)用板ガラス加工で、中国の東旭光電科技、福州東旭光電科技と合弁事業に合意したと発表したことが材料視された。
福建省に合弁会社の福州旭福光電科技(同社は4割を出資)を設立、約7億人民元を投じ、中国新工場を建設する計画で、中国最大級のFPDメーカー、京東方科技の福州工場向けに製品を供給する。17年6月に生産開始の予定。

証券市場新聞

Pocket