企業|企業速報 証券市場新聞

日本メディカルネットコミュニケーションズ(3645)が続騰、前週末比68円高の496円まで買い進まれた。
8日取引終了後に発表した今2016年5月期第2四半期の連結決算は計画を大きく上回り、売上高7億700万円(前年同期比22.2%増)、営業利益7500万円(同57.9%増)と大幅増収で利益が急増したことが好感されている。
ポータルサイト運営やSEM、保証、医療BtoB、メディアプラットフォーム、販売代理の全セグメントで予想を上回り、業務効率化や費用対効果を重視した広告戦略による広告宣伝費の削減などで収益力もアップした。
通期は経費の一部を下期に計上するとして、売上高13億1000万円(前期比4.1%増)、営業利益5000万円(同50.4%減)と前回予想を据え置いたが、営業利益は第2四半期で通期計画を上回っており、業績予想の修正が必要になった場合には速やかに開示するとしている。

証券市場新聞

Pocket