企業|企業速報 証券市場新聞

エスアールジータカミヤ(2445)が続伸。21日引け後、発行済み株式数の0.93%にあたる40万株、取得総額2億円を上限とした自社株買いを実施すると発表した。
取得枠の規模は小さいものの、買い付け期間が10月3日から10月31日までの1カ月余りで、需給改善効果が大きいとの判断から買いを集めた。17年3月期は連結営業利益33億8000万円(前期比13.8%増)を見込むなど業績も好調で、PER11倍台と割安なことも買い安心感を誘った。

証券市場新聞

Pocket