メガバンクが安い、米長期金利の急低下受け運用利ザヤ縮小を警戒

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>などメガバンクが安い。FRBの国債買い入れなどにより米10年債利回りが1.55%台まで急低下、米国株市場ではゴールドマン・サックスやJPモルガン、バンカメなど大手金融株が下落しており、国内メガバンクにも米国事業の運用利ザヤ縮小を警戒した売りが波及した。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる