企業|企業速報 証券市場新聞

大井電気(6822)が約3カ月ぶりに年初来安値を更新した。28日取引終了後、17年3月期の連結業績予想を下方修正したことが嫌気された。
第2四半期累計(4~9月)にいついて営業損失5000万円を8億円の損失(前年同期9700万円の利益)へ赤字拡大を予想、通期は営業利益9億円を6億円(同73.2%減)へ引き下げた。電力会社やキャリア向けの情報通信関連工事が減少、光ネットワーク関連工事の時期ずれによる落込みが想定以上で、研究開発費負担の損益を圧迫する。

証券市場新聞

Pocket