企業|企業速報 証券市場新聞

9月27日に東証マザーズ市場に新規上場したチェンジ(3962)とシルバーエッグ・テクノロジー(3961)がともにストップ高まで買い進まれた。チェンジはIoTビッグデータに絡むビジネス、シルバーエッグ・テクノロジーはAI(人工知能)技術をベースにしたウェブマーケティングサービスを展開しており、株式市場でも話題になっているテーマであることが、人気を集める要因になっているようだ。チェンジは公開価格1200円に対して3.15倍、シルバーエッグ・テクノロジーは公開価格900円に対して4.25倍まで買われている。値動きの軽さから買いが買いを呼ぶ展開になっている。
証券市場新聞

Pocket