企業|企業速報 証券市場新聞

平和堂(8276)が急反落。大和証券が投資判断を1(買い)から2(アウトパフォーム)、目標株価を3300円から2500円へ引き下げた。17年2月期第2四半期の単独決算が想定を下回ったことが引き下げの理由。連結業績は中国子会社の売上高底入れで一段の下振れリスクは限定的と見ているが、単体は収益性改善に時間を要するとしている。

証券市場新聞

Pocket