企業|企業速報 証券市場新聞

アクトコール(6064)が急反発、前日比219円高の1900円まで上げ幅を広げた。12日取引終了後、集計中の前2015年11月期連結業績を上方修正したことを受け買い直された。
前回予想の売上高35億3400万円を35億8300万円(前期比27.3%増)、営業利益2億5800万円を5億9600万円(同9.0倍)、純利益1億7000万円を2億1200万円 (前期100万円の損失)へ引き上げるなど、損益が大きく改善した。。
不動産総合ソリューションで、原宿駅前開発プロジェクトの利益の分配として予想を上回る約6億円を計上したことに加え、不動産開発プロジェクトの売上総利益率が高かったことも収益を押し上げており、店舗事業の減損処理に伴う特別損失を吸収して最終損益も黒字に浮上した。

証券市場新聞

Pocket