企業|企業速報 証券市場新聞

明光ネットワークジャパン(4668)が大幅続落、前日比76円安の1140円まで売り込まれ、約半年ぶりに昨年来安値を更新した。12日取引終了後、今2016年8月期の業績予想を下方修正したがことが嫌気された。
通期の連結業績について、前回の売上高198億1800万円を196億3900万円(前期比4.6%増)、営業利益37億円を28億7000万円(同19.3%減)、純利益24億円を14億4200万円(同39.1%減)へ引き下げた。
テレビCMやウエブ広告など追加販売促進費用が収益を圧迫。仙台労働基準監督署から賃金支払について一部不適切な点があったとして是正勧告を受けたことから、講師給与調整金を支払うこととし、4億4900万円を特別損失として計上することも利益水準を押し下げる。

証券市場新聞

Pocket